株式会社 パレット -PAReT-
文化財 保存修復用品 製造・販売





弊社コンサルティング業務について

ラスコー社製品
 博物館や美術館、保存修復を行う工房で使用される用品や機材は、様々な種類が数多くあります。

 また、特殊なものですので、商品の選定には特別な知識が必要です。弊社で用品や機材などの販売をするにあたり、担当者はお客様の必要に合わせ日々調査を行い、最適の商品をご紹介させていただいております。

 弊社の社員の他にも、国内外の関係会社、修復家、研究員の方々のご協力を得ています。

  • ポリエステルフィルムから特殊機材まで
     透明のポリエステルフィルムを文化財の保存や修復に使用していますが、このフィルムも実は特種なものです。

    「メリネックス516(Melinex 516)」
     保存修復作業で使用されるもので、最も一般的なものは「メリネック516」です。このフィルムは耐熱性、耐薬品性、寸法安定性、透明性などの優れた特徴を持ちます。
     同じ条件で作られたフィルムも存在しますが、文化財や美術工芸品を保存・修復するには「製品を使用した事例」「何年利用したか」ということが重要です。
    今は良くても、長い時間が経過した後、どのような変化が起こるか判りません。 メリネックス516は世界中、ヨーロッパ各国、アメリカ、もちろん日本の保存処理業務でも「長年広く使用されている」という実績があります。
    このように、フィルムひとつでも保存修復の世界では特種な製品を使用する必要があります。

     私どもの培った情報と経験を是非、修復家・コンサバターの皆様や、保存修復にご興味のある企業様にお役立てください。
    弊社の経験と情報の提供
     弊社が提供できる情報は「文化財や美術・工芸品を保存・修復する方法とそれに必要な道具の使用方法、選び方」です。

    技術が無くても「文化財や美術・工芸品」を守ることは出来ます。

     貴重な文化財や美術・工芸品を扱う材料・機材です。確かな実績と経験があるからこそ、自信を持ってご提供出来ます。 弊社の商品は、実際に修復材料を使用する修復家やコンサバターの皆様からのご意見を、幅広く取り入れて販売を行っております。
    こんな時は、ぜひご相談ください
    ■企業・商社の方
     「文化協力」を企業のステータスシンボルとして、バブル期のように、高額で有名な絵画をひとつ買うのではなく、後世に残す事が出来る「文化」に協力をされるのはいかがでしょう?

    企業の皆様へ
     企業の力添えや資金援助が欲しいと願う研究機関や研究者は、日本はもちろん世界中に多く存在しています。
    私どもは、世界中の文化遺産を一つでも多く守るために、尽力は惜しみません。 現場とスポンサーとの架け橋として、お手伝い致します。


    商社として海外取引の基盤があるので、せっかくの販売ルートを活かした新しい事業展開を行いたい。文化的な仕事の役に立ちたい。など、ご相談にも対応させていただきます。

    ■機器製造業の方
     TVで文化財修復の特集を見て「うちの会社で取り扱っている商品と同じ機能を持つ機材が使われている!」

     新しい分野に商品を売り込む事が出来るかも・・・
    でも、どこに? どうやって? それより、本当に修復機材として使用出来るのかな?

     意外と思われるかもしれませんが、修復分野では「歯医者さん」も利用している道具が大活躍なのです。もちろん、全ての道具が利用出来るわけではありません。弊社では、保存修復以外の目的で作られたものでも「修復に役立つ」ものはないか、調査をしております。

     現在、日本で使用されている「修復機材」の多くは「海外製品」ですが、世界に誇る「製造技術」を持つ、Made in Japan が同じような機材を作れない訳がありません。気づかないだけで、きっと日本のどこかに「修復に役立つ」機材が眠っている事でしょう。

     私たちは、それらの機材を発掘する事に尽力を惜しみません。
    欧米諸国の方が文化財や美術工芸品の保存修復に関して、一日の長がありますが、海外の文化財と日本の文化財では、対象物の材質や保管環境の違いにより保存修復を行う状況が異なります。季節によって、気温と湿度の差が激しい日本の環境で、最適の機材を作り上げていきたいと考えています。